HOME > 中国事務所 > 上海教育研究センター

中国事務所

  21世紀に入り、早稲田大学は中国にある協定大学との連携及び協力強化のため、2004年に北京、2008年に上海にそれぞれ事務所を設立しました。2016年現在、北京事務所は1名の専任職員、3名の現地スタッフ、上海事務所は1名の嘱託職員、2名の現地スタッフという体制で、小規模多機能型の海外事務所として、早稲田大学と中国の国際教育プログラムとの協力、学術交流、国際的産学連携の協議及び調整を行い、また積極的に在中校友関連サービスなどの事業を展開し、早稲田大学と中国との懸け橋としての役割を担っています。

上海教育研究センター

  北京事務所設立に続いて、華南、華東地区との交流及び協力拡大のため、早稲田大学は2008年、上海に上海教育研究センター(略称:上海事務所)を設立しました。早稲田大学のキャンパス環境の国際化を確立するため、上海事務所は中国の教育機関と学生に向けて早稲田大学の教育プログラムの紹介を行い、早稲田大学の教育理念の宣伝に努めてきました。

 

業務内容:

1. 早稲田大学とその姉妹大学間の各種留学プロジェクトの企画運営補助

      ・華南および華東地区を中心とした早稲田大学の展開する留学プログラムの推進(復旦大学のダブルディグリー、ABS(Asia BusinessSchool Program)、

        百賢プログラムなど各プログラムの連絡及び運営)

      ・日本人留学生の在華留学期間中における留学に関する相談窓口業務

2. 宣伝活動

    ウェイボー、Wechatなどを通じて定期的に中国語および日本語で早稲田大学の最新情報を配信しています。また、定期的に中国各地の高校・大学を訪問し、セミ

  ナーの開催、国際教育展などへの参加を通じて早稲田大学を紹介し、中国人学生と保護者に向けて早稲田大学入試関連の最新情報について理解を促し、疑問に答え

  ています。

    その他、中国語による無料電話相談窓口を設置し、多くの学者・学生と保護者のお問い合わせを受け付けています。

3. 国際共同研究の推進と産学連携の支援

    主な協定校の訪問や技術展および国際博覧会への参加、また現地協力校と共に早稲田大学デーなどのイベントを主催するなど、中国の学術研究者に対して早稲田
  大学の研究状況を紹介しています。

    また、中国の研究機関及び開発区にある投資企業との接触を通じて、急速に発展する中国ビジネスの現状を把握し、国際間の技術移転と企業の委託研究の在り方
  を検討します。